海外取引所NO1はバイナンス!

日本では取引できないアルトコインが多数!
日本語対応で使いやすく登録も簡単!

 ▼バイナンスの登録方法を画像付きで説明中!▼ 

【Binance(バイナンス)登録方法と2段階認証方法!】口座開設とログインが簡単!

2018.02.07

仮想通貨とは?アルトコインや仮想通貨取引所一覧まとめ

▼仮想通貨って何?▼

おいしいの?

そんな主婦ママは仮想通貨初心者ナビへ!!

 

仮想通貨元年と言われている2017年

そして2018年には仮想通貨フィーバーになりそうな予感がします!!

主婦ママは今だからこそ

仮想通貨で投資をするべきです!!

 

私、主婦ママのネココが仮想通貨のことを耳にするようになったのは、数年前のマウンドゴックスの事件のニュースが最初で、その時は特に興味もありませんでした。

しかし、2017年後半に入ってから、やたらとネット上で仮想通貨という単語を目にするようになり、

「100円が数年後には2200万円に!!」

という言葉でかなり興味が湧きました(#^^#)

だって考えて下さい?

あの100円玉がたった数年で新築一軒家を建てられるくらいの価値になってるんですよ??

主婦ママがたった数年で

何十万円という利益が出る可能性も!!

ネココ
このブログはごく普通の主婦ママであるネココが、仮想通貨をまったく知らない状態から、投資をしている現在までのことをブログにしてみました(#^^#)

仮想通貨をまったく知らない主婦の方、ちょこっと興味があるママ、一獲千金を狙う主婦ママの方…

色々な主婦ママに仮想通貨のことを知っていただいて少しでも将来が明るくなる為に参考にしていただければと思います。

仮想通貨は右肩上がり?将来性はある?

仮想通貨市場はまだまだ小さく激しい上下動の繰り返しながらも右肩上がりとなっています。

仮想通貨がもっと世界各国に安全だと認識されればこの上下動の幅も緩やかになってくると思われすし、将来性の期待も高くとても魅力的です。

現在ではマイナスイメージのニュースが立て続けに流れてしまったことにより、一時期200万円台だったビットコインは1/2まで下がってはいますが、まだまだ巻き返す可能性は高いといえます。

主婦ママが仮想通貨の取引を行う上での注意点

仮想通貨のことを全くわからない主婦ママの方でも、数年前のマウンドゴックスのビットコイン事件、最近ではコインチェックなどの不正流出事件をニュースで耳にしたことがあると思います。。。(;^_^A

仮想通貨はインターネット上での取引になり保証もないので取引には注意が必要になります!

仮想通貨のことを全く知らなかった主婦ママの私でさえ、怖い印象があった仮想通貨…

ネット上で完結してしまう取引はやっぱりまだまだ不安要素が多いのも現実…

・仮想通貨は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではなく、インターネット上でやりとりされる電子データです。

・仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまう変動があり、損をする可能性があります。

・仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認をしましょう!

・仮想通貨の取引を行う場合、事業者からの説明や取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行うようにしょましょう。

・仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に注意してください。

でも、注意事項を1つ1つ確認して仮想通貨の取引をすれば危険度は一気に下がるんです!!

 関連記事 

【仮想通貨のリスクの対処法4点をわかりやすく説明するよ!】リスクや危険性の軽減はホントに大切!

2018.02.06

主婦ママに人気の仮想通貨の種類は?

仮想通貨=ビットコインと理解している方がとても多いんですが、
ビットコインは仮想通貨の1つに過ぎません!!

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼ばれています。

海外、国内で取引されている仮想通貨は約1500種類もあり、特徴も様々です。

中には詐欺コインや、脆弱性のあるアルトコインが多数あり、日本国内の取引所に上場するには金融庁の許可が必要になっています。

そのため日本国内に上場している通貨を取引するのが一番安全な運用方法となります。

 日本国内で取引が可能の仮想通貨は下記の21種類です。 

 

BTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)ETC(イーサリアムクラシック)LTC(ライトコ イン)BCH(ビットコインキャッシュ)(モナコイン)XCP(カウン ターパーティー)ZAIF(ザイフ)BCY(ビット クリスタル) SJCX(ストレージコインエックス) 、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)FSCC(フィス ココイン)CICC(カイカコイン)NCXC(ネクス コイン)Zen(ゼン)XEM(ゼム(ネム))CMS(コムサ)XCP(カウンターパーティー)NCXC(ネクスコイン)XRP(リップル)LTC(ライトコイン)

上記の21種類の内、主婦ママコイナーさんだけでなく、プロのコイナーさんの間でも人気のアルトコインは下記になります。

※2018年1月下旬にはコインチェックの580億円分のネム(nem)が不正流出する事件が起こりました。
ネム(nem)は匿名性の高い特徴を持っており、今回の件の事もあるので安全性が確認できるまでは取引は控えた方がいいかもしれません。

 関連記事 

【仮想通貨の種類一覧や特徴ランキング】日本で使える仮想通貨を比較して知るべし!

2018.02.06

【2018年有望アルトコイン10選!】おすすめのアルトコインはコレ!

2018.02.06

主婦ママが利用している日本の仮想通貨取引所は?

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨は、仮想通貨取引所で口座を開設することで売買の取引が可能になります。

日本国内では、仮想通貨法(改正資金決済法)により、仮想通貨取引所/販売所はライセンス制になっています。

取引所とは?

ビットコインやアルトコインを売りたい人から購入する方法です。

 取引所のメリット …販売所で買うより安く購入できる可能性がある。

 取引所のデメリット …売ってくれる人がいなければ取引は成立しません。

販売所とは?

ビットフライヤーやコインチェックなどが保有している仮想通貨を購入する方法です。

 販売所のメリット …売り手の必要が無いので、確実にスピーディーにビットコインやアルトコインを購入することができます。

 販売所のデメリット …販売所側が提示している金額で購入しなければならず、多少割高になってしまう可能性が高い。

 

仮想通貨の取引所・販売所の特徴は?

仮想通貨取引所にもそれぞれの特徴などがあります。

例えば、取り扱うアルトコインの違いや、手数料の違いなど…

主婦ママコイナーさんは、基本的にはそれぞれの取引所の特徴に合わせて複数の取引所での口座開設をする方が多いですね★

ネココ
ネココも複数の取引所の口座を持っています!
気になるアルトコインを取り扱っている取引所は口座開設するようにしています(*’▽’)
【取引所を決める6つのポイント】
・手数料の確認
・取り扱うアルトコインの確認
・レバレッジの確認
・使いやすさ
・セキュリティに問題の確認
・運営元(資本金や運営者等)の確認
・取引高(出来高)の確認】

上記6つのポイントで取引所を決めれば大丈夫かと思います。

2017年が仮想通貨元年と呼ばれる理由として、財務局の仮想通貨交換業者登録が1番古くて2017年9月29日付けとなっていることがあげられます。
それくらい仮想通貨は次世代の新しいジャンルの投資であることがわかりますね!

 2018年1月現在、日本の仮想通貨交換業者登録をしている会社は全16社です。 

 

マネーパートナーズQUOINEbitFlyerビットバンクSBIバーチャル・カレンシーズGMOコインビットトレードBTCボックスビットポイントジャパンDMM Bitcoinビットアルゴ取引所東京エフ・ティ・ティBITOCEANフィスコ仮想通貨取引所テックビューロXtheta

主婦ママネココがおすすめする国内大手の取引所一覧

主婦ママコイナーさんも多数利用している取引所をご照会します★

取り扱いアルトコインの多い順に掲載しています。

※コインチェックは安全性が確認されるまで掲載しません。

取扱通貨
14種類:
BTC(ビットコイン)、MONA、BCH、XCP、ZAIF、BCY、JCX、PEPECASH、FSCC、CICC、NCXC、Zen、EM、ETH
手数料(BTC) -0.01%
最低取引単位(BTC) 0.0001
ビットコインやネム、モナコインなど取扱通貨が豊富。
コイン積立機能もある仮想通貨取引所です。
ネココも口座開設しています!!

 

DMM Bitcoin 取扱通貨
7種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH
手数料(BTC) 日本円入出金手数料が無料!
(入金はクイック入金利用の場合無料)
最低取引単位(BTC) 0.001
2018/1/11〜オープン!!
DMM Bitcoinならレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料が無料です。

 

bitFlyer公式ページ 取扱通貨
6種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA
手数料(BTC) 0.01~0.15%
最低取引単位(BTC) 0.0001
※日本最大(取引量・ユーザー数・資本金)のビットコイン・ブロックチェーン企業です。

ネココも口座開設しています!

取扱通貨
6種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、XRP、LTC、MONA、BCH
手数料(BTC) 0%(キャンペーン中)
最低取引単位(BTC) 0.0001

取引画面は直感的なインターフェース。
シンプル、軽量、高い機能性を備えたビットコイン・仮想通貨取引所です。

 

ビットトレード公式ページ 取扱通貨
6種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、XRP、LTC、MONA、BCH
手数料(BTC) 0%
最低取引単位(BTC) 0.0001

少額からのビットコイン取引ができます。
FXトレード・フィナンシャル関連会社のビットコイン取引所です。

GMOコイン公式ページ 取扱通貨
5種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH、LTC、XRP
手数料(BTC) スプレッド
最低取引単位(BTC) 0.01
はじめてのビットコインでも安心!
あの大手であるGMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨サービスです。

 

QUOINEX公式ページ

取扱通貨
3種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH
手数料(BTC) 0%
最低取引単位(BTC) 0.01

ビットコイン現物取引の手数料が無料。
業界最多の通貨ペア数の仮想通貨取引所です。

 

ビットポイント公式ページ 取扱通貨
3種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH
手数料(BTC) スプレッド
最低取引単位(BTC) 0.0001

ビットポイントは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引所運営によって「新しいお金のあり方」を提案・創造していきます。

主婦ママのネココがおすすめする海外大手の仮想通貨取引所

日本国内の仮想通貨取引所以外にも、海外の大手の仮想通貨取引所で口座開設をして取引を行っている主婦ママコイナーさんも多くいます。
海外の取引所と言っても、日本語対応のサイトが主(中には日本語が不完全なサイトも存在します。)で売買する上で不自由はそんなに感じません。
日本の仮想通貨取引所ではアルトコインの種類が限られるのですが、海外の仮想通貨取引所だと日本では取引ができない数々のアルトコインの取引が可能となり、仮想通貨の取引を行う上で視野がかなり広がります。

 

※日本国内の利用者が多い順でおすすめの海外取引所3社をご紹介します!

 

バイナンス公式ページ 取扱通貨
80種類以上:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH…etc
手数料(BTC) 0.01~0.05
最低取引単位(BTC) 0.001

バイナンスは海外の仮想通貨取引所業者の中でももっとも有名な取引所です。

現在、仮想通貨ブームのために新規登録者が殺到している為、毎日の登録数には制限があります。

日本国内の取引所では取り扱っていないアルトコインが沢山あるのがメリットですが、デメリットとしては日本円での入金ができないところでしょうか…(;^_^A

 

BITTREX公式ページ 取扱通貨
200種類以上:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH…etc
手数料(BTC) 0.25
最低取引単位(BTC) 0.005

ビットレックスが凄いのはアルトコインの取り扱い数が桁違いの200種類以上というところでしょう!

国内の取引所と比べると取引手数料が安く、2段階認証などアカウント管理やセキュリティーがしっかりしているのですが、デメリットとして日本語対応がないところが挙げられます。

使い方を書かれたサイトをみつつ、慣れていくしかないですね…(;^_^A

 

クラーケン公式ページ 取扱通貨
17種類以上:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH…etc
手数料(BTC) 0~0.26
最低取引単位(BTC) 0.001

海外仮想通貨取引所にしてはアルトコインの取り扱い数が少ないですが、クラーケンは日本語対応で日本円での入金も可能です!

しかし、デメリットとして、サーバーが不安定なのがキズですね…(;^_^A

仮想通貨の税金は?主婦も確定申告しなきゃダメ?

過疎通貨の取引をする上で、必ず頭に入れておかなきゃいけないことの1つが税金です。

仮想通貨の利益を現金化(利確)した場合は税金を納める義務が発生します。

 仮想通貨の場合、年間38万円以上の利確利益で雑所得として確定申告が必要になります。 

 

※主婦の方で年間102万円以上の利益や、130万円以上の利益になってしまった場合は旦那さんの所得や社会保険の扶養から外れてしまうので注意が必要です!

 関連記事 

【主婦の仮想通貨の税金】旦那にバレる?利益38万円の確定申告でバレない方法はあるの?

2018.02.08

もし、主婦の方で仮想通貨で稼ぎすぎてしまったり、旦那さんの扶養から外れることになってしまった場合は、いっそのこと個人事業主となることをオススメします★

個人事業主になれば毎年確定申告をしなければならないのですが、青色申告にすると年間65万円の所得の免除が受けられるのでお得になります(*’▽’)

仮想通貨の資産の管理は自分で管理すること!

国内の仮想通貨取引所が経営破綻してしまった場合、資産が返ってこない可能性があります。
そうならない為に、日本国内の仮想通貨取引所のみで取引を完結するのではなく、海外の取引所を利用したり、自分のウォレットで資金管理をすることで、資産が無くならない可能性がグッと高くなります。

 関連記事 

【仮想通貨取引所が経営破綻や倒産した時の対処法】資産は自分で管理することが大切!

2018.02.09