【仮想通貨って危険で詐欺?】仮想通貨とはおもちゃのお金?

最近になって【仮想通貨】って言葉よく聞きますよね?

お笑い芸人のロンドンブーツの田村淳さん始め、芸能人の方もよく自身のツイッターで『仮想通貨』をしていることを公表していますし、
数年前に比べて格段と耳にする機会が増えていると思います。

特に一番耳にしたのが、2017年の初旬頃に日本のマウントゴックス社の事件で大々的にニュースになった時でしょうか??

マウントゴックスは、日本に会社がありましたが、利用者はほとんどが外人の方で日本の方の被害者はまだ少なかったようですが、それでも外国の利用者が日本に来日して、マウントゴックス社まで押し寄せるなど騒動になっていました。

結局、ハッカーによる不正送金でもなんでもなく、社長の着服詐欺が発覚したのですが、未だに返金などの動きはみせていません。

2018年の今年にも、コインチェックで580億円の不正送金がありニュースで騒がれていますね。
コインチェックは、まだ比較的若い仮想通貨取引所の会社ですが、去年暮れからCMをバンバン流すなど、急激に知名度を上げていました。

そんな若い会社でも26万人分の顧客の580億円分の不正送金…

この数値だけでも、仮想通貨がかなり流行っていることがわかりますよね。

ネココ
流行っているからと言って、580億円の不正送金とか…まだ怖いイメージありまくりだよね…

なぜ仮想通貨は流行っている?危険で詐欺じゃないの?

なぜ仮想通貨が流行っているのか…

それは仮想通貨の中の1つであるビットコインが2017年11月頃から飛び上がるほど価値が跳ね上がっているからです。

数年前に100円で購入したビットコインが現在では2200万円になっているんだとか…

どう思います??

自動販売機のペットボトルすら買えない100円玉が数年後には新築一軒家が買えるくらいの2200万円になっているんですよ??

そして、まだまだその価値は跳ね上がるといわれています。

もしかしたら、100円玉が1億…2億…ってことも…

そりゃ~少ない元手がこんな大金に化けるなら…

って、仮想通貨に興味が湧く人は多いはずですよね(;^_^A

でも、甘い話には必ず何かがあります。

マウントゴックス、コインチェックの事件があったように、仮想通貨はネット上の架空のお金…
セキュリティの脆弱性をつかれてハッカー攻撃にあってしまったりすると、
私たちが入金していた仮想通貨も被害にあう確率は0%ではなく、リスクが付きまといます。

いくら性能の強いセキュリティーで対策をしていても、日々進化を続けるネット社会…

ハッカーも次から次へと新しい手段でセキュリティーを潜り抜けてくるんです。

『仮想通貨で大金を賭けて一発千金!!』

って夢を見たい人の気持ちもわかりますが、リスクがありすぎます。

でも、1000円とか1万円とか…
無くなってもそんなに痛くないような額で、うまく仮想通貨のやりとりをすると、けっこういいお小遣い稼ぎになります。

1000円が3000円に…

1万円が15000円に…

と、一気に何百万、何千万という大きすぎる夢は見れませんが、ちょっとずつ増やしていくのもなかなか楽しいもんですよ(*’▽’)

そもそも仮想通貨ってなんなの?

仮想通貨は簡単に言うと暗号通貨のことです。

仮想通貨の中ではビットコインが有名で一番人気がありますが、当初は【大人の遊び】感覚で、ネット上のおもちゃのお金を大人がやり取りする感じでした。

しかし、数年の時が立ちネット社会になった今、

仮想通貨は買い物などの決済手段として、本物のお金よりも格段とスムーズかつ便利に行うことが出来、それが世界中に広まり需要が増えました。

それによって仮想通貨の価値がどんどん上昇し、投資対象としてみられるようになり、今の仮想通貨が流行るようになってきたんです。

投資と聞けば、株やFXを思い浮かびますが、仮想通貨は株やFXに比べると取引きしやすい点も人気の理由となっています。

株やFXは売買だけなので、取引自体は誰でも可能なんですが、ルールや法律を最低限理解しておかないといけませんし、証券口座を開設するにも規約をきちんと読んで理解したかなどの確認がされてしまいます。

簡単にいえば、株やFXには法律があり、それに抵触しないように取引をしなくちゃいけません。

しかし、仮想通貨はまだ新しく、現段階では法整備が行われていないんです。

でも、この人気や事件などをみるに、数年先には法整備もされる確率は非常に高いでしょう…(;^_^A

今はまだ誰でも簡単に始められるために、株やFXに比べ、スタートの敷居が非常に低くなっているんですね。

昨年の2017年は仮想通貨元年と呼ばれるほど、ほとんどの方が損することなく儲かったと言われています。

2017年4月には13万円だったビットコインが、12月には200万円を超えています。

4月からずっとビットコインを持ち続けていた人は15倍もの価値になっているんです。

5年前からずーーーっと持っていた人は億万長者になっているということです。

仮想通貨の世界では、億万長者になった方を億り人と呼ばれています。

まとめ

仮想通貨はもはや、ネット上のみのバーチャル硬貨ではなく、現実のお金になっているんです。

将来はお金を持つことがなくなり、仮想通貨ですべての買い物が済ませられる時代になるんです。

『仮想通貨って何?怪しい!詐欺で危険じゃないの?!』

って思っている方も、数年後にはその仮想通貨で買い物をするのが当たり前になっていることでしょう。

ネココ
近い将来、仮想通貨が当たり前になるなら、セキュリティーの向上に期待ですね!

【スポンサードリンク】