【GMOコイン口座開設方法の流れや時間】何日もかかって遅い?

GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコインでの口座開設方法を画像付きで詳しく説明します★
口座開設方法や流れ、かかった時間もチェック!!

一部では口座開設に何日もかかって遅いって口コミもありますが…そのことについても書いていきますね!!

GMOコインの仮想通貨FXの特長とは?


仮想通貨FX専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引が可能です!

全9種類のテクニカル指標を利用することができ、 スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

スマホ片手に仮想通貨の取引ができるのはお手軽で楽チンですね!!

(1)チャート

・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・平均足

取り扱いのあるアウトコインの現在のチャートをワンクリックで見ることができます。

(2)テクニカル

・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・RCI

(3)レバレッジ

GMOコインの標準レバレッジは5倍ですが、ご自身の資産状況に応じて15倍、25倍の変更が可能です!!

投資可能資金額、レバレッジ取引の経験日数を選びましょう★

GMOコインは多様な注文方法での取引が可能!

GMOコインでは、PCでもスマホでも多様な注文方法での取引が可能です。

・成行
・指値
・逆指値
のほか、
・OCO
・IFD
・IFD-OCO

といった特殊注文の利用が可能となっています!!

GMO取り扱いアウトコインや手数料は?

GMOコインでは、
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)
の計5種類のアウトコインを取り扱っています。
GMOコイン公式ページ 取扱通貨
5種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH、LTC、XRP
手数料(BTC) スプレッド
最低取引単位(BTC) 0.01
はじめてのビットコインでも安心に取引できるのがGMOコインですね!!



GMOコインの登録方法は?

まず、GMOコイン公式ページの口座開設ボタンをクリックし、メールアドレスを入力します!!
メールアドレス入力後、無料口座開設ボタンをクリックすると、メールが自動配信されます。
届いたメール本文のURLをクリックし、ログイン画面から先ほど入力したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
マイページの会員ホームより、口座開設手続きをしていきます!!
まずは、お客様登録から★
氏名や住所などすべて記入し、同意ボタンをチェックしたら、確認画面へをクリック★
確認画面にいきます。
入力ミスなどなかった確定ボタンを押します。
次に、本人確認方法の選択を行います。
 【1、本人確認書類の画像をアップロード】 
 【2、受取時に本人確認する】 
上記2点から都合のいい方を選びましょう!!
お手軽なのは、1番ですね!

 

1番の方を選んだ場合…

★運転免許証  表・裏
★個人番号  表のみ
★パスポート 表・裏
★各種健康保険証
★住民票の写し 表・裏
★残留カード 表・裏
★特別永住者証明書 表・裏
★その他の書類

の中の1つの画像をアップロードします。

その他の書類の場合を選んだ場合は、お問い合わせ画面に移行します。

どの書類にするのかお問い合わせで聞くみたいですね…(;^_^A

GMOコインはシステム障害になりやすい?!

本人確認書類のアップロードは手軽でいいのですが、どうもシステム障害が生じやすいようです。

私も画像をアップロード後にこんな画面が…orz

 

仕方ないので、時間をおいてから再登録するか、いっこうにシステムエラーが頻発する場合は、2番目の【受取時に本人確認をする】を選べば解決できます。

 

2番目の場合、仕事などで家にあまりいない方には向きませんが…(;^_^A

※現在、仮想通貨ブームも重なって、書類が届くのに数日の遅れが出ているようです。

気長に待ちましょう!!

口座開設コードを打ち込む!

お客様情報登録&本人確認手続きが完了後に口座開設コードが届きます。

そのコードを「口座開設コード」欄に打ち込んで口座開設は完了です!(^^)!

口座開設自体は、時間もかからずスムーズなのですが、システムエラーが出てしまうと時間がかかったり、口座開設の日にちも遅れてしまう恐れがありますね…(;^_^A

GMOコインは安心?不正流出の可能性は?

2018年1月に発生したコインチェックの580億円もの不正送金事件で、仮想通貨取引所の安全性に対して不安を感じる方も多くいると思います。

私もめちゃくちゃ不安だし…(;^_^A

今回の件で仮想通貨の各取引所も、各アルトコインの発行業者も今までになくシビアに監視を強化していく動くが見られており、このような不正送金などの被害は減少していくのではないかとみられています。

GMOコインでも、その動きは強まっているようで、このようなメールが届きました。

【顧客資産の分別管理】
当社では、法令に則り、顧客資産は全て当社資産と分別して管理しております。
仮想通貨は、当社保有分とお客様保有分で物理的に分離して保管しており、またお客様から預託を受けた金銭につきましても、当社の自己資金とは別口座で管理しております。

また、顧客資産と当社資産につきましては、毎営業日、過不足が生じていないかを算定・照合することにより、分別管理を徹底しております。

【仮想通貨の保管方法(コールドウォレット管理とマルチシグ対応)】
当社では、即時送付に必要な分以外の仮想通貨は、インターネットから隔離された「コールドウォレット」にて保管しております。

さらに、コールドウォレットからホットウォレットに仮想通貨を移動する際には複数部署の承認が必要な体制となっているため、複数名によって厳重に監視された状態でのみ、コールドウォレットからの仮想通貨の移動が可能となっております。

また、仮想通貨送付の際に複数の秘密鍵を必要とする「マルチシグ(マルチシグネチャ)」についても、当社のセキュリティ基準を満たす各仮想通貨に導入しており、秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に保管することでリスク低減を図っております。

【サイバー攻撃対策】
当社では、悪意のある第三者によるサイバー攻撃に対し、「お客様アカウントの乗っ取り」「システムへの侵入」の2つの観点から対策を講じております。

「お客様アカウントの乗っ取り」に対しては、下記の対策を実施しております。
・ 日本円出金や仮想通貨送付の際に、2段階認証を必須化
・ ログイン実績のない環境からログインがあった際に、2段階認証を必須化
・ ログイン履歴の記録とメールによるお客様への通知

「システムへの侵入」に対しては、下記の対策を実施しております。
・ システムの24時間365日監視
・ 外部のセキュリティ専門家による定期的なシステム脆弱性診断
・ グループ会社と連携した脆弱性情報の収集

【今後のさらなる体制強化】
当社では、外部専門家と連携しながら、サイバー攻撃等の各種リスクを定期的に評価、分析し、顧客資産保護体制を継続的に改善していく体制を構築しております。

 

このことから、GMOコインは安全に仮想通貨の取引をできると期待したいですね!



【スポンサードリンク】