【仮想通貨の将来性2018年はどうなる?】ビットコインは最初の価値が0円だったことがすべて!

2017年1月には約9万円台だったビットコインが、12月には200万円台に急騰し話題になった仮想通貨…

しかし年が明けた2018年1月には、日本国内大手の仮想通貨取引所であるコインチェックのネムの580億円分の流出事件が起き、また、世界各国で仮想通貨の規制が強まったのも重なって、現在では急落して一時は60万円台にまで落ち込むなど、仮想通貨に対して不安視した声が上がっています。

ネココ
仮想通貨をやっている私でさえ、2018年1月のビットコイン急落にはビックリしました(;゚Д゚)

このわずか1カ月ほどの期間で、まさに急転直下って言葉がぴったり合いますね…(;^_^A

でも、このたった1カ月間の出来事だけで仮想通貨の将来性を不安視するのは時期尚早だと言いたいですね。

仮想通貨の将来性2018年はどうなる?

仮想通貨初心者の方や、仮想通貨をあまり知らない方は特にこの1カ月間の出来事で仮想通貨は危険だと思った方が多いのではないかと思います。

仮想通貨は株やFXと違って、上がり下がりがとても激しく、特に現在では1日で10万円前後の揺れ幅は当たり前になっています。

まだまだ仮想通貨の価値は不安定であることと、存在しないお金ということでまだまだ市場の規模も小さく、アメリカで仮想通貨のクレジットカード決済が禁止になったり、仮想通貨の最新国であった中国やインドでは仮想通貨取引所が全面禁止になるとのニュースが流れたり…

そしてコインチェックの不正流出問題が立て続けに起きたことにより、2017年12月には200万円台だったビットコインは、2018年2月現在で60万円台にまで下がっており、この数カ月の間で天国から地獄を味わった人はかなりいると思われます。

ビットコインの価値は0円から始まった!

200万円か60万円台に急落したビットコイン…

しかし、ビットコインが誕生した2008年~2009年時の価値は0円だったってことを知っていますか??

いまでこそ、仮想通貨と言えばビットコインだとその名は知れ渡っていますが、そもそも0円の価値だった架空のコインがいまや下がったとはいえ60万円の価値になっていことがすべてだと私は思うんですよね…

2017年1月には9万円台だったビットコインはその年の暮れ12月には200万円もの価値になっているんです。

たった数カ月で急落したからといって、

『仮想通貨は危険だ…』

とか、

『仮想通貨のバブルは終わった…』

とか違うんじゃないかな~と思うんです。

たしかに、2017年12月に仮想通貨の可能性を信じて200万円台のビットコインを買った方は、現在大幅な損をしているのは確かですが、

仮想通貨の可能性ってほんの数カ月では変わらないかもしれませんが、これから数年先、数十年先と長い期間をかけて価値は高まっていくと思うんです。

将来性が凄くあるんですよね。

まとめ

お隣の韓国では現金を持ち歩かず、全てカードなどで支払いを済ますことは有名ですが、日本でも数年後の近い将来には韓国と同じく現金を持ち歩くことはないような生活をしている可能性が高いです。

仮想通貨は現在1500種類のアルトコインが存在し、まだまだ新しいコインが続々と誕生します。

今では大して魅力的ではないコインばかりでも、必ずあなたが魅力的に感じるコインは続々生まれるはずです。

まだ仮想通貨の市場は小さく、コインチェックのような取引所のセキュリティの脆弱性の心配もありますが、市場が大きくなるにつれセキュリティの強化も必然と行われていきます。

仮想塚は将来は伸びるとしか思えません。

それくらい魅力的です。

周りはこの数カ月の動向で、危険で怪しいと思っている人が多いからこそ、参入のチャンスと思った方がいいでしょう。

2018年、仮想通貨の将来性には大いに期待できます。

 

【スポンサードリンク】