【仮想通貨取引所が経営破綻や倒産した時の対処法】資産は自分で管理することが大切!

コインチェックの不正流出問題を受けて、金融庁が国内大手の過疎通貨取引所である、ZaifやGMOに立ち入り検査を行っています。

今後は各仮想通貨取引所から、

『取引所が経営破綻、倒産した場合、お客様の資産の返還ができず損失が生じる恐れがあります。』

という趣旨の案内が届く恐れがあり、それに同意する必要がある可能性が出てきました。

ネココ
これって、最悪泣き寝入りですよね…怖い…怖い…怖い…。

コインチェックは、どうにか2月13日までに日本円で出金再開が決まったようです。

なので、コインチェックは経営破綻、倒産の恐れはほぼなくなり、経営再開にむけて動き出した可能性があります。

しかし、取引所が万が一経営破綻、倒産してしまった時…資産が返ってこないという最悪な状況から逃れるためには、あらかじめ自分自身で資産の管理が必要になります。

海外の仮想通貨取引所にコインを送る!

自分の資産を守るために、日本の取引所でビットコインを手に入れてそのままにしておくのではなく、海外の取引所に送って有力なアルトコインに換え、自分のウォレットで管理する方法が一番いいかと思います。

日本の取引所のみで仮想通貨の取引を完結するのではなく、海外の取引所を利用することで日本では取り扱いが無いこれから急騰が予想される有力なアルトコインを手に入れることができます。

仮想通貨と言えばビットコインがもっとも有名で人気ですが、ビットコイン以外のアルトコインの種類は1500種類以上あります。

今はまだ価値が小さいアルトコインでも数カ月後、数年後にはビットコイン以上の価値になっている有力なアルトコインがゴロゴロあるんです。

しかし、日本の取引所で取引ができるアルトコインはほんの数十種類と少ないんです。

それが海外の取引所だと一気に80種類以上などのアルトコインの取引が可能になるんです。

海外と聞いただけで、セキュリティーなどの安全面が大丈夫なのか、スムーズに取引が出来るのか心配になりますが、今は日本語対応の海外取引所も増えています。

日本国内のプロの仮想通貨取引をおこなっている方は海外の取引所に口座開設している方がほとんどです。

特におすすめしたいのは、中国の大手取引所であるバイナンスです。

(もちろん私もバイナンスに登録済です!(^^)!)

中国と聞いて余計に心配になっちゃいますが、バイナンスは1日の取引数が世界一!

中国一じゃないですよ?

世界一です!!

それだけ、過疎通貨の投資家はバイナンスを利用しているということです。

プロの仮想通貨の投資家となると、主婦の私のような1000円とか5000円とかのちまちました取引はせず、一気に何十万、何百万という取引をどんどん行います。

そんな方達がバイナンスを利用するということは、確かなセキュリティーと安全性が期待できるからだと思いませんか??

しかもバイナンスは登録がとても簡単で、2BTC以内の取引だと本人認証の必要もなく、早ければ即日で登録が可能なんです。

日本国内の取引所だけで取引を終結するのは本当に勿体ないですし、経営破綻した時の資産が返ってこないというリスクが常に付きまといます。

資産は自分で管理する必要があるんです。

その為に、海外の取引所でアルトコインを手に入れてもそのままにせず、自分のウォレットでしっかり自己管理することで、資産を無くすリスクはグッと少なくなります。

ウォレットはアマゾンで手に入ります(*’▽’)

1万5千円~ほどの値段がしますが、それでも自分の資産をきちんと安全に管理できるのなら安いくらいです!!

まとめ

もし、資産を入れたままの国内取引所が経営破綻した場合、資産が返ってこないという最悪な状態に陥る可能性が出てきます。

そんな恐ろしいことにならない為に、自分の資金は自己管理するべきです。

日本の取引所で手に入れたビットコインを海外の取引所に送り、日本では手に入らない将来有望なアルトコインに変換し、自分のウォレットで管理することで資産を無くす可能性はかなり低くなります。

海外取引所で一番おすすめするのは、中国の大手仮想通貨取引所であるバイナンスです。

 関連記事 

【Binance(バイナンス)登録方法と2段階認証方法!】口座開設とログインが簡単!

2018.02.07

【スポンサードリンク】