【仮想通貨 暴落の理由と原因】暴落の可能性高い?いつまで続くのか?

2017年暮れには200万円台を突破し、一気に仮想通貨のこれからの可能性が高まったのですが、

わずか数カ月後には60万円台にまで暴落…

その理由や原因は、2018年にはコインチェックの不正流出事件が発生し、各国でクレジットカード決済の禁止や取引所の規制などがあげられると思います。

再びビットコインが200万円台にまで戻る可能性はあるのでしょうか?

それとも、このまま暴落し続けて仮想通貨自体無くなってしまう可能性はあるのでしょうか?

仮想通貨の暴落はいつまで続くのか…ちょっと推測してみました。

【仮想通貨 暴落の理由と原因】暴落の可能性高い?いつまで続くのか?

初めに答えを言うと、この仮想通貨のビットコインの暴落、回復と言うか、まだまだ下がる可能性は否定できません。

多少の上下動はあっても暫くは下げトレンドは続く印象です。
下がれば買われ上がれば売られを続け下がり続けるのではないか…と思います。

2017年12月のような200万円台の大台に再び戻るのは上下幅が広い仮想通貨といえども、数年、数十年はかかりそうです。

ビットコインの短期的での回復は厳しいでしょう。

そもそも、仮想通貨の取引をしている方は主に投資が目的で、仮想通貨を通貨として使用する目的で購入しているわけではありません。

儲かるからという理由で買っているので当然儲からないと解れば当然その世界から去っていきます。

仮想通貨の市場はまだまだ小さく、上下動不安定さを利用して大きい利益を得ようとしているワケですね。

ビットコインが一時は200万円台になりましたが、あの価格は完全にバブルであって適正価格ではない可能性が高いんですね。

ここまで上下動が激しいと通貨だとなかなか日常生活に定着するのは難しいと言えます。

去年一年間の値上がりの原因や理由は投機目的での参入が増えた結果です。

2017年後半に仮想通貨取引所のCMがバンバン流れ次はじめ、参入者が増えましたが今回は逆に、仮想通貨が飽和状態になったとも言えます。

しかし、だからといって、1500種類以上もある仮想通貨すべてが暴落する可能性は極めて低いです。

ビットコインは暴落もアルトコインは伸びる可能性が高い!

仮想通貨はねずみ講だと言われていますが、確かに合法的なねずみ講みたいなものですし、後から買って入った人が先に売り払った人の犠牲になるのは目に見えていると言えます。

しかし、短期間ではなく長期間を見れば仮想通貨の可能性は大いに期待できます。

ネット社会が続く限り、1500種類以上もある仮想通貨は発展を続け、第2、第3のビットコインが出てくる可能性があります。

暴落のビットコインはしばらく様子見、まだ価値が見いだせていないこれから伸びるであろう価格の安い第2、第3のビットコインになりえるアルトコインに複数投資し、短期間ではなく長期間保持するのがいいと言えるでしょう。

【スポンサードリンク】