【ビットコインとは?簡単説明で分かりやすく!】仕組みや問題点、ねずみこうって本当?

2017年は仮想通貨元年と言われており、いろいろな仮想通貨のシステム開発が進みました。
仮想通貨=ビットコインと思われていますが、ビットコインとは1500種類以上ある仮想通貨の1つにしかすぎません。
ビットコインに注目度が高まったのは、2017年1月には9万円だったのが12月には200万円台に急騰したことで一気に知名度があがったことでしょう。

ビットコインとは?簡単説明で分かりやすくすると…

発行数1669万枚/発行上限数2100万枚

仮想通貨とは、その名前の通り現実には存在せず、ネット上のバーチャルな世界の通貨になります。

その中でも1番有名なビットコインですが、ビットコインの誕生は【サトシ・ナカモト】と名乗る人物が、ネット上で「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic CashSystem(P2P 電子マネーシステム)」という論文を投稿したことから始まります。

ビットコインとは簡単に説明するとインターネットを通じて個人間で直接使用できる仮想通貨です。

私たちが活用する上でメリットとなるのは送金で、時間がかからず、手数料が安く、データの改ざんが困難といったことでしょう。

しかし、問題点としてまだまだ仮想通貨市場は小さくそれでいて完全ではありません。

セキュリティなどの脆弱性は否めませんし技術も発展途上中です。

しかし、今後この技術が決済システムやその他のサービスに実用される時が来るのは間違いないでしょう。

仮想通貨のニュースなどを聞いていると、ブロックチェーンという言葉が結構出てきますが、ブロックチェーンは、仮想通貨の決済システムを実現する根幹の技術で、分散型台帳技術とも呼ばれています。

この国や一般企業などが運営する中央サーバを介さなくても一般のユーザー同士で価値を共有することができる仕組みになっています。

それではもう少し細かく説明していきますね★

ビットコインとはお金?どんな時に使うの?

ビットコインとは、インターネット上で使えるデジタル通貨(お金)です。

電子決済システムに使用します。

現実には存在しない通貨なので、日本では仮想通貨法により通貨と法律的に認められているのに対し、世界では未だに通貨として認めていない国もあります。

まだまだ仮想通貨の市場は小さく改善も必要なビットコインですが、

しかし急速な広がりによりビットコインや仮想通貨が今後各国でどのようにして取扱いされて認知されていくのか…期待は高いです。

ビットコインとはBTC(ビーティーシー)の通貨単位

仮想通貨には1500種類以上のアルトコインが存在し、それぞれには通貨単位というものがあります。

ビットコインは通貨単位をBTC(ビーティーシー)とされています。

1BTCのことを1ビットコインと呼ぶ方が多いですね。

しかし、取引する上での最小単位は1BTCではなく、もっと細かく分けることができます。

取引所によって異なりますが、0.00001BTCなど小数点を付けてかなり細かく分けることもできます。

現在では仮想通貨の中で一番有名なビットコインは1BTCが100万円近くになっているので、細分化されることで少額でも取引が可能となっています。

この細分化により仮想通貨投資参入の敷居が低くなっており、私のような主婦でも気軽に取引が可能となっています。

もっとも注目されるビットコインとは?

そもそもビットコインが誕生したのは2009年で、ビックリすることにまだ10年もたっていないんです。

それくらい歴史が浅いビットコインなのに、現在ではインターネットに続く世の中の仕組みを変えるとも言われており、将来性に期待が高まります。

革命と言われているビットコインが注目されている理由は、

・ビットコインの管理者がいない

・ブロックチェーン

と呼ばれるシステムの2点です。

この管理者がいないこと、ブロックチェーンのシステムにより、ビットコインはデジタル通貨という価値をブロックチェーンによって管理者なしに安全に移行することを可能としたと言えます。

ビットコインはなぜ管理者が存在しないのか…

ビットコインとは仮想の通貨であり現実には存在しません。

ビットコインは世界で流通している各国の通貨とは違い、国や政府、銀行や中央銀行、金融機関は一切関与しておらず、管理者が存在しません。

そして、決められたシステムに従い動き続けているだけで、特定の機関やサーバーを必要としておらず、逆にその構造が、強固なネットワークを構築することを可能とさせています。

そして、インターネット上から安全にビットコインを移転することが可能になっており、それを「ブロックチェーン」と呼ばれるシステムが可能にしています。

ブロックチェーンとは何?

ビットコインを支える根幹となっている技術がブロックチェーン(分散台帳)と言います。

ブロックチェーンとは、データをチェーンのように繋げて誰もが公開・閲覧できる仕組みを取り、お互いに監視しあうシステムとなっています。

インターネット上での取引やデータの管理は、普通なら中央にサーバーを置いてそこで一元して管理する中央集権という管理方法となっていますが、ビットコインはP2Pネットワークというものを用いて管理するブロックチェーン(分散台帳)を採用しています。

ビットコインが新規発行される仕組みとは?

ビットコインの発行は、マイナー(採掘者)と呼ばれる人たちの報酬のために新規発行が行われています。

ビットコインの新規発行枚数はあらかじめ2100万BTCと上限が決められています。

新しく発行されるビットコインは全てマイナー(採掘者)に与えられる仕組みになっています。

ビットコインのマイナーとは

マイナーとはビットコインのブロックチェーンの維持に参加している人たちのことで、誰でも参加することが可能です。

マイナーはビットコインの取引が適正なものかを判断しネットワークに認証するマイニング(採掘)という一連の作業を行っています。

このことから、ビットコインとマイナーはきっても切れない仲と言われています。

 

ビットコインは投資で儲かるのか?

現在、ビットコインを通貨として利用している方は少なく、どちらかと言えば上下動の激しさに着目した方が投資目的に利用しています。

ビットコインの始まりの価値は0円から始まったのですが、それがたった数年で200万円台に急騰し、ニュースでも取り上げられ騒がれたのですが、

ビットコイン=儲かる

との考えや、国内大手の仮想通貨取引所がCMをバンバン流しメディアに露出したことで関心が高まり、仮想通貨の取引に新規参入者が一気に増えました。

しかし、2018年1月にはコインチェックのネムが580億円分が不正流出し、海外ではクレジットカード決済を禁止したり、取引所が規制されたりと、マイナスなニュースが流れました。

そして、それが原因でビットコインは60万円台にまで暴落してしまいました。

ビットコインのチャートは株やFXと同じく上下動の繰り返しになっていますが、現在まで右肩上がりに価格は上昇しています。

しかし、各国の仮想通貨の規制やマイナスイメージのニュース、発言力のある著名人のTwitterなどの一言で価格が大きく変動してしまうなど、仮想通貨の市場はまだまだ小さいです。

しかし、セキュリティの強化や各国で安全だと認知されるのも時間の問題で、市場が大きくなるにつれて上下動の動きは収まってくるものと思われます。

ビットコインとはねずみこう?

このような仮想通貨の市場の仕組みや問題点の現状から、ビットコインだけでなく仮想通貨市場はねずみ講だともささやかれています。

たしかに仮想通貨は通貨としての裏付けは貧弱なものばかりで希望的観測に満ちています。

また、いろんな要素がこの市場を取り巻き、博打打ちの鉄火場となっていることも否定できません。

現金や電子マネー、クレジットとは違い発行元による価値の補償が仮想通貨にはなく、その価値、価格は0になる事もあります。

しかし、実際のところ、株やFXと比べても低リスク高リターンで参入障壁が低く、また仮想通貨はビットコインだけではなく、他に未来のある魅力的なアルトコインが1500種類以上あります。

第2、第3のビットコインが誕生する可能性はとても高く、これからのセキュリティの向上など将来性を考えても魅力的な市場となる可能性が高いです。

また、ビットコインは管理者がいない株式市場といえることがねずみ講と言われている原因なのですが、日本ではコインチェックのネムが不正流出した事件があった為、金融庁などが取引所などを厳しく取り締まり規制が出来る動きをみせており、将来的にはセキュリティの向上など安全な取引が可能になる確率が高いでしょう。

ねずみこうと言われているビットコインですが、そもそも詐欺ではなく投資ということを忘れないようにしましょう。

ビットコインの購入方法

ビットコインは仮想通貨の「取引所」というところで購入することができます。

取引所は日本の取引所でも海外の取引所でも購入が可能です。

しかし、初心者の方や安全性を求めるなら金融庁の許可が下りている日本の取引所で購入することをおすすめします★

日本の取引所では日本円でビットコインを購入することができるのですが、デメリットがあるとすれば取り扱うアルトコインの種類が少ないことですね(;^_^A

ビットコインを取り扱う国内の取引所おすすめはココ!

国内の大手取引所であるコインチェックの流出問題で、仮想通貨にマイナスイメージがついてしまいましたが、

コインチェックは取り扱うアルトコインの種類が多いことで利用者が多く人気になっていた一方で、アルトコインの匿名性から金融庁の許可が下りていない状態で営業していました。

そして、セキュリティの甘さも指摘されています。

このことからわかるように、仮想通貨の取引を行う取引所で最も重要な点は金融庁の許可が下りていて、セキュリティ面がきちんとしていることです。

セキュリティが脆弱な取引所でビットコインなどの仮想通貨の売買を行っていて取引所がハッキングに合うと全ての仮想通貨が盗まれる…ということも考えられます。

手数料や、購入が可能なアルトコインの数も取引所を決める上で捨てがたい重要な項目ですが、上記2点は必ず抑えておきたいところです。

あと、仮想通貨の取引高も取引所を決める上では重要です。

取引が少ない取引所だと、買いたいときに買えない、または売りたいときに売れないというケースが起きてしまいます。

国内で利用している方が多く安全だと言えるのは、ザイフとビットフライヤーです★

取扱通貨
14種類:
BTC(ビットコイン)、MONA、BCH、XCP、ZAIF、BCY、JCX、PEPECASH、FSCC、CICC、NCXC、Zen、EM、ETH
手数料(BTC) -0.01%
最低取引単位(BTC) 0.0001
ビットコインやネム、モナコインなど取扱通貨が豊富。
コイン積立機能もある仮想通貨取引所です。
ネココも口座開設しています!!
bitFlyer公式ページ 取扱通貨
6種類:
BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA
手数料(BTC) 0.01~0.15%
最低取引単位(BTC) 0.0001
※日本最大(取引量・ユーザー数・資本金)のビットコイン・ブロックチェーン企業です。

ネココも口座開設しています!

 

海外の取引所はバイナンスがおすすめ!

国内の取引所を利用して仮想通貨の売買に慣れたなら、次は取り扱うアルトコインの種類が豊富な海外の取引所を利用するのも視野が広がります。

海外の取引所で特におすすめするのは中国のバイナンスです。

世界最大の取引高を誇ったこともあるバイナンスが取り扱うアルトコインの数は80種類以上で、国内の取引所の比にならないくらい多いです。

日本語対応で登録も簡単にでき、0.5BTC以内の取引までなら本人確認書類の提出は必要ありません。

早ければ即日で登録が可能です。

日本の仮想通貨取引所ではアルトコインの種類が限られるのですが、海外の仮想通貨取引所だと日本では取引ができない数々のアルトコインの取引が可能となり、仮想通貨の取引を行う上で視野がかなり広がります。
バイナンス公式ページ 取扱通貨
80種類以上:
BTC(ビットコイン)、ETH、BCH…etc
手数料(BTC) 0.01~0.05
最低取引単位(BTC) 0.001

バイナンスは海外の仮想通貨取引所業者の中でももっとも有名な取引所です。

現在、仮想通貨ブームのために新規登録者が殺到している為、毎日の登録数には制限があります。

日本国内の取引所では取り扱っていないアルトコインが沢山あるのがメリットですが、デメリットとしては日本円での入金ができないところでしょうか…(;^_^A

ビットコインはウォレットで自己管理!

ビットコインの取引を行う時、取引所にそのままコインや資金を保管しておくのは不正流出などのハッキングにより盗難されてしまう恐れがあります。

そもそも取引所は主にビットコインや仮想通貨の取引を行う場所ですので、日本円や購入したビットコインや仮想通貨を保管する場所ではないということを知っておきましょう!

盗難補償を実施している取引所もありますが、購入した仮想通貨は基本的には自己管理することを強くオススメします。

その自己管理する方法として、取引所から個人ウォレットに移すのが一般的とされていますが、個人ウォレットにも様々な形態がありますが、私はハードウォレットに移すことをオススメします(*’▽’)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

【スポンサードリンク】