【ビットコインキャッシュとは?2018年の予想】将来性と今後や取引所はどこ?

仮想通貨と聞いてまず思い浮かぶのがビットコインですが、ビットコインから分裂したビットキャッシュが2018年注目されており、その将来性や今後が気になるところです。

ビットキャッシュが2018年にどんな上下動を見せるのか…予想をしてみました!!

ビットコインキャッシュとは?ビットコインよりも優秀?

発行数1681万枚/発行上限数2100万枚

 

ビットコインキャッシュは、簡単にいうとビットコインのデメリット部分を改善したもので基本的な特徴はビットコインと遜色ありません。

ビットコインの単位がBTCに対し、ビットコインキャッシュの単位はBTHになります。

ビットコインキャッシュとは、ビットコインから分裂して誕生した新しい仮想通貨です。

ビットコインキャッシュはビットコインの問題点である「スケーラビリティ問題」に関して、ビットコインとは別の解決策を採用しています。

※スケーラビリティ問題とは…

ビットコインにおけるブロックチェーンのブロック サイズが1メガバイト(MB)に制限されている結果起きている問題のことです。

1MBよりも 大きいブロックは無効なものとして自動的にネットワークから排除されるために、その解決策として誕生したのがこのビットコインキャッシュです。

現在は、元のビットコインの方が取引数が多く、ビットコインキャッシュは一部のユーザーが支持している感じですが、今後の2018年以降急激に価値が上昇すると予想でき、将来性が期待できる仮想通貨の1つです。

ビットコインでの支払い時に時間がかかったりするデメリットもビットコインキャッシュはカバーできるため、早く早急に送金を済ますことができるのはありがたいですね。

ビットコインキャッシュが2018年に注目されている理由!

ビットコインキャッシュが注目されている理由として、ビットコインキャッシュが基軸となっている取引所が2つ新たにできたことから、今後の将来性に期待できると言われています。

そのビットコインキャッシュが基軸となる取引所は、中国の仮想通貨取引所であるOKEXと、中国マイナーがサポートしている英国CoinEXです。

現状ではほとんどの仮想通貨取引所はビットコイン・イーサリアム・USDT・フィアットやライトコインが基軸となっている為、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュが基軸となる取引所が2つも出来るというのは衝撃的です。

ビットコインやイーサリアムのように基軸通貨は需要が高まる傾向があるので、ビットコインキャッシュの今後の将来性に期待できるのは自然と言えそうです。

ビットコインキャッシュの2018年の今後の将来性と予想は?

現状ではまだビットコインの方が人気で需要も高いのですが、マイナーがビットコインからビットコインキャッシュに流れているという話をよく聞きます。

その分ビットコインキャッシュの流用性が増え、価格も高騰していく…と予想するのが自然と言えます。

しかし、ビットコインの需要がすぐに下がるか?と言われればそうでもなく、逆にビットコインの実用性が高くなればビットコインキャッシュの需要は低くなります。

今後開発が進んでもっと便利な決済通貨に進化していく可能性もありますね。

しかしそれは何年も後の話になるので、2018年の現状では今後のビットコインキャッシュの将来性に期待したいところです。

ビットコインキャッシュの取り扱い取引所は?

ビットコインのデメリット部分を修正した特徴を持つビットコインキャッシュは、今後の将来性も有望な為、国内の取引所でも取り扱っているところが増えています。

★国内取引所…bitflyet(ビットフライヤー)、コインチェック、DMM Bitcoin、Zaif、QUOINEXGMOコイン、ビットバンク、ビットトレードBIT POINT

★海外取引所…バイナンスビットレックスクラーケン

また、ビットコインよりも現在では低価格なのであらかじめ安価なうちに手に入れて価格が上昇するまでストックしておくのもいいでしょう。

ビットコインのように数年後には何百倍もの価値になっていると予想でき、今後の将来性に期待したいところです。

【スポンサードリンク】