【イーサリアムクラシック今後の将来性2018年】イーサリアムクラシックの値動きやチャートの特徴は?

2018年以降、値動きの上下動が激しいイーサリアムクラシックですが、2018年今後の将来性がとてもきになるところです。

イーサリアムとはどのようにして誕生したのか、今後の値動きなどを見ていきましょう!

【イーサリアムクラシック今後の将来性2018年】イーサリアムクラシックの値動きやチャートの特徴は?

発行数9585万枚/上限数なし

通貨名…Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
通貨略号…ETC

イーサリアムクラシックとはイーサリアムより分裂して生まれた仮想通貨で2016年7月に公開されました。

イーサリアムは第2のビットコインとされており、今後の将来性に期待でき、非常に人気が高く価格も高騰しています。

そんなイーサリアムが分裂した理由は、DAOというイーサリアムを使用して開発された仮想通貨に、50億円ものハッキング事件発生したことが原因になります。

イーサリアム開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段を取ることで解決を図り、ハードフォークが実行されイーサリアムの不正送金は無効化されました。

この対応に対し反発した一部の技術者が新しいプロジェクトとして作ったのが「イーサリアムクラシック」です。

イーサリアムの本来の理念と異なるという考えの元、通貨として分裂しましたが、基本的な機能はイーサリアムと同じですが、ハッキングの被害に合わないようにイーサリアムよりも拡張性を制限し、セキュリティや安定性を向上させています。

スマートコントラクトという優れた機能が人気の理由となっています。

ビットコインがブロックチェーン上に取引の記録を残すのに対し、スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に取引の記録に加えて契約情報を記録することできます。

その特徴から、契約の自動化という呼ばれ方もしています。

自動で売買契約の支払いなどをスムーズに行うことができるようになります。

イーサリアムクラシックの2018年今後の将来性はイーサリアムに影響する?

イーサリアムと違いがほとんどないイーサリアムクラシックは、イーサリアムの価格変動の影響を受けたり、逆にイーサリアムの価格に影響を与える傾向が強いです。

イーサリアムのマイナーと流通量が、ハードフォーク前に比べると減少したのですが、このことでイーサリアムの価格が一時下落したことからも裏付けられます。

しかし、イーサリアムは比較的新しい仮想通貨であり、その新しい仮想通貨が第2のビットコインと呼ばれるほどに成長していること、またイーサリアムクラシックはイーサリアムよりさらに安全面で特化している通貨になっていることで、今後2018年以降の将来性は期待できるでしょう。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)のKRAKENでのETC/USDのチャートが下記になります。

イーサリアムクラシックの公開以来、大きい目で見ると右肩上がりのグラフになっています。

2018年2月上旬には急落している傾向になっていますが、これは、1月後半のビットコインの暴落やコインチェックのネムの580億円の不正流出事件の影響を受けているようで、イーサリアムクラシックに限らず、ビットコインや他のアルトコインも同じように急落し、現在では徐々に戻りつつあるグラフになっています。

イーサリアムクラシックは、2017年12月に半減期を迎えることで通貨の希少性が高まり価格が急激に上がりました。

仮想通貨のほとんどのは、半減期の1~2か月前から価格が上昇し、半減期を迎えたあとは価格水準が大幅に高くなる傾向をもっています。

また、中国や韓国で高い人気があるイーサリアムクラシックは潜在的な需要がかなり高く、
今後ルールを定めて段階的に仮想通貨取引を解禁していくと言われる中国や韓国では、イーサリアムクラシックの取り扱いが再開されればより大幅な高騰が予想できます。

日本でも法整備が整い、仮想通貨をする人口が増えれば、国内の取引所でもイーサリアムクラシックが購入できる場所が増え需要も高くなる可能性が高いです。

イーサリアムクラシックが今後の将来性に期待できる理由!

イーサリアムクラシックが誕生したのは2016年ですが、公開当時は1ETC=100円前後という価格でした。

それでも全く無名の仮想通貨の価値が0円に対してとても高値での始まりであることはわかっていただけるかと思います。

ビットコインでも公開当初の価値は0円でした。

イーサリアムから分裂し、イーサリアムとほぼ同じ特徴でなおかつ安全面で修正さていることから公開当初からかなりの知名度があったことが公開当初から100円もの値を付けた理由であるといえます。

そんなイーサリアムクラシックが最初に高騰したのは2017年5月です。

この時には、ニューヨークで開催された仮想通貨の大規模なサミット「コンセンサス2017」が開催されその影響されてのことでした。

コンセンサスはサミットの中でも大きいイベントなので、仮想通貨全体の価格に影響を及ぼすほどです。

そしてそのイベントで業界でも大きな力を持つ研究者が

「イーサリアムクラシックは過小評価されている。」

と発言したことで100円前後から1,000円ほどにまで平均価格を引き上げ、一気にイーサリアムクラシックの価格が約10倍も高騰することになりました。

そして同年6月から9月までイーサリアムよりも安く買えて新参のアルトコインよりも信頼できると人気が集中したなどの理由で、中国・韓国でイーサリアムクラシックの需要が急激に高まりました。
この時に何億ドルもの資金がイーサリアムクラシックに流れたと言われており、6月には最高値をマークすることになりました。

2018年1月のビットコインの暴落による一時的な暴落が起きたのに比例して、イーサリアムクラシックも一時期急落してしまいましたが、それでも現在は価格を戻してきています。

イーサリアムクラシックの値動きはADAに比例している?

イーサリアムクラシックの価格急騰の裏にはCardanoプロジェクトのADA(エイダ)と値上がりのタイミングが同じになりやすい特徴を持っているので要チェックです。

イーサリアムクラシックの開発は、IOHKという企業が手がけており、同企業はCardanoプロジェクトのADA(エイダ)も開発しています。

ADAが大幅に上昇しているときは、イーサリアムクラシックも同じく値上がりするという統計が出ています。

イーサリアムクラシックの取扱所は?

★取引所…bitflyet(ビットフライヤー)、コインチェック、DMM Bitcoin、QUOINEX

★海外取引所…バイナンスビットレックスクラーケン

【スポンサードリンク】