小林麻央 歩けない!がん終末期の病状息苦しさと発汗と痛みで余命は?4月最新見解

小林麻央さんが4月19日に5日ぶりにブログKOKOROを更新し、一日中横になる毎日で息苦しさと、発汗、痛みがあり、10歩歩くのもやっとの状態であると4月の最新の病状を明かしました。

歩けなくなったり発汗の病状は、がん終末期の特徴です。

4月に入ってから小林麻央さんの体調不良は続いており、心配の声があがっていますがステージ4の末期がんである小林麻央さんの余命はどのくらいなのでしょうか?

4月の最新病状見解は?!

【スポンサードリンク】

小林麻央 歩けない!がん終末期の病状息苦しさと発汗と痛みで余命は?4月最新見解

 

4月14日のブログKOKOROでは、咳が止まらない状態が続き、息苦しさやしんどさがある為に、肺のレントゲンを撮ったことを明かしていました。
結果は肺に水は溜まっていなく、このことから小林麻央さんの余命もわずかではないと思われていました。

それから、5日間ブログの更新が止まっていた為に、小林麻央さんの現在の病状を心配する声があがっていました。

そして、4月19日に久しぶりにブログを更新したのですが、


ここずっと 一日中横になっている

毎日でした。

息苦しさと 変な発汗と 痛みと。

10日前まで普通に歩けたのに、
10歩歩くのもやっとになってしまうの
だから。

…と、10日前は普通に歩けていたのに、現在は10歩歩くのがやっとなことを明らかにし、他に発汗と痛みがあると最新の病状を明かしました。

小林麻央さんの乳がんは、脇のリンパ節から肺、骨、胸の皮膚、お腹に転移し進行が進んでいることがわかっています。

骨にがんが転移し進行した痛みにより昨年12月中頃に病院に入院し、放射線治療を終えて1月29日に無事退院し、現在は元々の自宅から引っ越し、代々木の高級マンションで家族と子供達と一緒に静養に励んでいます。

 

市川海老蔵 小林麻央の引っ越し先の高級マンションは代々木で代官山はガセ!

 

2月の引っ越し前後には、水素温熱免疫療法の為に表参道首藤クリニックに受診した後に、ブランド店のシャネルで2時間のショッピングを楽しんだことを週刊誌によりスクープされており、体調は回復傾向にあると思われていましたが、4月に入ると一転し、咳が止まらないこと、息切れ、しんどさがあり、痛みで寝付けない時にはレスキューを使うことを明かしていました。

しかし、末期がんの中でも余命わずかだと判断できる、胸水が溜まっていないことから、余命わずかとまで判断できない病状であると思われていました。

 

小林麻央 肺に水は溜まっていない?末期がん胸水や腹水が溜まる症状や余命は?

 

しかし、4月19日に5日ぶりに更新されたブログでは、10歩歩くのがやっとの状態であり、1日中横になっていることと、それに加え痛みと発汗があることを明かしました。

 

【スポンサードリンク】

小林麻央の歩けない状態や発汗は末期がんの終末期か?!

 

痛みとは、転移したがんの進行が進んでいることからの痛みだと推測できますが、がんの終末期の症状の中で「痛み」は早い段階で生じることがわかっています。

がんの終末期とは、がんと診断され余命が6カ月未満の状態を指します。

がんが進行したことによる痛みの次には、食欲が落ちる、歩けない、息が苦しいなどの症状が出てきます。

小林麻央さんが10歩歩くのがやっとな状態とは…足腰が立たないぐらい体力が落ちてきていると推測できます。

さらに進むとまったく歩けなくなっていきます。

また、発汗は、体内の温度調整も出来ないほどに、がんの進行により体力が消耗していることを表します。

このことから小林麻央さんは、すでに余命6カ月以内の終末期の中でも最終段階に入ってきていると思ってよさそうです。

しかし、これまで数々の奇跡を起こしている小林麻央さん。
奇跡を信じて、子供たちと家族の為にも頑張っていただきたいですね。

 

4月22日更新!小林麻央 短期間入院をブログで明かす!

 

小林麻央 短期間入院は5月まで?余命最新4月と現在は病院で末期がんの終末期医療?

 

小林麻央・市川海老蔵の関連記事

*市川海老蔵&小林麻央の関連記事*

【小林麻央・市川海老蔵の関連記事一覧】

 

LINEで送る
Pocket

【スポンサードリンク】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*