みのもんた 嫁は病気(皮膚がん)が死因!自宅鎌倉山の住所は嫁がこだわった?

みのもんたさんの嫁である御法川靖子さんは2012年5月に病気の皮膚がんが原因で亡くなられています。

みのもんたの嫁は大手建設会社の社長令嬢で、みのもんたさんの立教大学時代に在籍した放送研究会の1年後輩だったそうです。

そんな嫁の靖子さんが強くこだわったという、みのもんたさんの自宅の住所は鎌倉山にありテレビで公開された時にはあまりにも大豪邸でネットで話題になったそうです!!

【スポンサードリンク】

みのもんた 嫁は病気(皮膚がん)が死因!自宅鎌倉山の住所は嫁がこだわった?

 

みのもんたさんは、フリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスターとして有名ですが、実は本業は実業家であり自身の父親から受け継いだ水道メーターの会社「日国工業株式会社」の社長であり、自身の個人事務所である株式会社ニッコク代表取締役社長です。

そんなみのもんたさんの嫁である御法川靖子さんは、みのもんたさんの専属スタイリストとして長年みのもんたさんの芸能活動を影から支えており、おしどり夫婦として有名でした。

みのもんたさんが、朝ズバッなどの朝の情報番組などで着ていたスーツやネクタイ、シャツのほとんどが嫁の靖子さんがオーダーメイドで仕立てたものだったそうです。

2人の出会いは立教大学時代に在籍した放送研究会の先輩、後輩として出会い、交際を重ねて1970年に結婚し、2男1女の子供に恵まれています。

長男はTBSに勤務。
次男は日本テレビに勤務していた時に窃盗未遂を起こし日本テレビを退社し現在は嫁と2人の子供を都内に残し和歌山県のニッコクという工場で勤務。(みのもんたの経営する会社)
長女は、現在のみのもんたさんの専属スタイリストとして活躍されています。

そんなみのもんたさんの嫁の靖子さんは、2008年~2009年頃に病気の皮膚がんを発症します。
最初は皮膚病程度と思っていたもの後に皮膚がんだとわかり、さらに骨へと転移しがんの進行が進んでいったそうです。
骨への転移ということなのでがんステージは4で末期がんであったと推測されます。

2012年5月7日には、嫁の靖子さんの希望で入院先の退院許可を得て、夫婦で毎年訪れていた米ニューヨークへ旅行に出掛けていますが、ニューヨーク滞在の5日目までは元気だったそうですが、翌日の6日目の朝に鼻血が出たことで、急遽帰国し成田空港から病院に直行したそうです。
診断の結果、がんが小脳に転移している事が判明したそうです。

それから懸命の闘病も叶わず2012年5月22日に嫁の靖子さんは亡くなられてしまいます。

嫁の靖子さんの死から2日後の24日朝、TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」生放送後にみのもんたさんは同局で会見をし、

「私の妻が亡くなりました。平均年齢からすると早い…。若い年での旅立ち。とても切ない思いです」

と、他局も含めたマイクに囲まれると、振り絞る様に明かしました。

また、葬儀の際には、みのもんたさんは涙を流し、
「もう一回(悦子さんと)結婚したいよ。」
と語った姿は記憶に新しいですね。

仕事人間であったみのもんたさんは、嫁の靖子さんの看病のために番組を降板し仕事も減らしていたそうです。

 

みのもんたの自宅の住所は鎌倉山?理由は?!

 

芸能活動の傍ら、父親から水道会社を引き継ぎ、個人事務所の社長としても有名なみのもんたさん。
そんなものもんたさんの自宅は鎌倉市内の高級住宅地である鎌倉山に、延床面積約226坪の5億円とされる大豪邸です。
その後に隣接する2500坪もの土地を書い足し、完成までに4年、総工費17億円もの費用がかかったそうです。

かなりの敷地面積ですが、それもそのはずで山1つ分がみのもんたさんの自宅なんだそうです。

電信柱の住所標識には、『みのもんたの家 この先全部』と表示されており、これだけでもどんなに自宅の敷地が大きいかわかりますね。

しかし、みのもんたさんの自宅を建てた土地は景観重要建築物と指定された邸宅・山椒洞があり、それを破壊していると一部マスコミで批判されたそうです。

鎌倉山は神奈川県鎌倉市にあるのですが、なぜ東京都内で仕事の多いみのもんたさんが都内ではなく神奈川県に自宅を建設したのでしょうか??

それには、嫁の靖子さんの強いこだわりがあったそうで、江の島が一望できる鎌倉山を選んだそうです。

このみのもんたさんの自宅の車庫には高級外車が数台停まっており、家族の思い出の品も展示されているようです。

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*