【ミサイル50発】北朝鮮が本日5時にミサイル50発を撃ってくるとツイッターでデマ拡散!ネットで不安の声

北朝鮮が本日4月25日午前5時にミサイル50発を日本に撃ってくるとの情報がツイッター上で拡散され、ネット上で不安の声が上がっています。

4月25日は北朝鮮朝鮮人民軍の85周年となる創建記念日でありこの日に合わせて核実験や弾道ミサイル発射の軍事挑発に出る可能性があります。

各国の包囲網が高まる中、北朝鮮はどんな動きに出るのか…緊張が高まっています。

【スポンサードリンク】

【ミサイル50発】北朝鮮が本日5時にミサイル50発を撃ってくるとツイッターでデマ拡散!ネットで不安の声

 

この記事のタイトルでもある、
『北朝鮮が本日5時にミサイル50発を撃ってくる情報』
ですが、これはお昼の情報番組であるミヤネ屋でコメンテーターが、

『北朝鮮にはミサイルの発射場が数十箇所あり、今までを見ると朝5時迄にミサイル発射の可能性が高く、一度に撃てるミサイルは最大50発』
と発言したことから、
『北朝鮮が本日5時にミサイル50発を撃ってくる』
とツイッターで拡散されているようです。

それにしてもミサイルが50発日本に撃ってくるとか…恐怖ですよね…

案の定、ネットでは不安の声があがっています。

 

日本も攻撃対象?ミサイル50発は本当か?

 

トランプ米政権が空母の「カール・ビンソン」を朝鮮半島海域に派遣するなど、北朝鮮への圧力を強める中、

北朝鮮の朴永植人民武力相(国防相に相当)が24日、

「アジア太平洋地域の米帝の侵略軍基地や米国本土を照準に収めているわれわれの核攻撃手段は、今この時間も発射待機状態にある」

と威嚇しており、朝鮮半島は最悪の核戦争勃発局面にあるとされています。

また北朝鮮は、

「水爆から大陸間弾道ミサイルまで、すべてを持つわれわれは、アメリカのいかなる挑発にも対応する準備がある」

「われわれの首脳部を狙う敵対勢力は、南が灰となり、日本列島が沈没し、アメリカ本土に核が降り注いだとしても、後悔してはならない」

と、日本に対しても攻撃の対象であることを発言しており、このことからミサイル50発の不安の声が増大されているようです。

『第3次世界大戦の幕開けか?!』

との声も上がっていますが、事態を見守る他ないでしょう…

もし第3次世界大戦が勃発となってしまったら日本への被害も出てくる可能性は大いにあり得るでしょう。

 

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*