間下このみ 現在の旦那や仕事や画像は?難病の病気で子供を出産も!

間下このみ(ましたこのみ)さんは、過去に子役スターとして人気を博していましたが、いつしか表舞台から姿を消して現在に至ります。
現在は結婚し、旦那と子供がおり、仕事は写真家、タレントとして活躍されていますが、ある難病を患い、克服した過去があったそうです!

【スポンサードリンク】

間下このみ 現在の旦那や仕事や画像は?難病の病気で子供を出産も!

 

間下このみ(ましたこのみ)

生年月日:1978年4月27日
出身地: :東京都葛飾区

写真家・女優・タレント
1980年代にドラマ・バラエティ・CM・舞台などを中心に活躍した人気子役。

 

間下このみさんが、一躍人気となったのは、1983年の4歳半の時にキッコーマンの「ガンバレ!玄さん」のCMに出演したことでした。
芸能界に入ったきっかけは、当時向かいに住んでいた人が間下このみさんの母親に『一緒に子どもをモデルにしませんか?』と誘ったことから…当時まだ間下このみさんは2歳半で母親は親子で楽しめればと軽い気持ちで芸能界に入れたようです。

 

CMでブレイク後の翌年の1984年にはドラマ『スクール☆ウォーズ』(TBS系)でドラマにも初挑戦するなど、目まぐるしく生活が一変するも、母親からは『天狗になるな』とよく言われ、学校もなるべく休まず、時には台本を4冊も抱えてドラマに舞台にと忙しい毎日を送っていたそうです。

 

そして中学入学を機に、仕事をセーブしていき、いつしか芸能界から姿を消すことに…
学生時代にはコンビニやファミレスでのアルバイトも経験したそうですが、間下このみは本名な為に、
『なんでこんなところにいるの?』
と驚かれたエピソードがあるようです。

その後、写真専門学校からアメリカへ留学。
親元を離れ、ようやく誰も自分の名前を知らない世界を経験できたんだそうです。

 

【スポンサードリンク】

間下このみ現在結婚し旦那と子供がいるも死産の経験!抗リン脂質抗体症候群とは?!

 

間下このみさんは数年後にアメリカからの留学を終え帰国し、2004年に26歳で結婚し、また写真作家デビューされています。

そして第一子を妊娠するのですが、2006年死産をされています。

死産された当時は辛く、自分を責めてしまい家にこもりがちになったそうですが、そんな間下このみさんを立ち直らせてくれたは旦那さんだったそうです。

その後、再び妊娠するも、ある病気を患っていることを医師に宣告されます。
その病気とは、「不育症」のひとつの原因と言われる「抗リン脂質抗体症候群」という2万人に1人の難病でした。

 

抗リン脂質抗体症候群とは?

 

動脈や静脈の血栓症または胎盤微小血栓を主な病態とする自己免疫血栓症です。
血栓の生じる部位、血管の太さ、動静脈の違い、範囲により、多様な症状を示します。
重篤なものでは脳梗塞、肺梗塞、冠動脈血栓症などがあり、そのほか各種臓器の血栓症状が現れます

出典:Yahoo!ヘルスケア

 

しかし、間下このみさんは2万人に1人という難病を乗り越え、無事子供(女児)を出産されています。

どうして間下このみさんは「抗リン脂質抗体症候群」を患いながらも出産できたのでしょうか?

それには、過去に子役として芸能界で活躍した際に培った知名度でした。
間下このみさんは、テレビを使って「抗リン脂質抗体症候群」を患っていることを公表し、それを知った大学病院の先生から連絡をもらい、治療に専念します。
それから毎日、血液が固まるのを抑制する注射を打ちに病院に通い、そして帝王切開で長女となる第一子を無事出産されました。

この命がけの出産は後に旦那と『ママになりたい…~ハイリスク出産を越えて~/たまご日記~ちいさな命の記録~』という著書を発表しこの作品は2013年にNHKでドラマ化されるなど話題になりました。

現在、不妊症の1つとされる「抗リン脂質抗体症候群」という難病を患うも、無事克服し子供を出産された間下このみさんは、現在写真家、タレントの仕事を続けながら旦那と長女の3人暮らしでにぎやかに暮らしておられるようです。

長女は10歳とのことなので現在小学校4年~5年生の年齢になります。

 

最後に

 

子役として大ブレークしたことで一躍人気者となり芸能界のきらびやかな世界で活躍されていた間下このみさん。
学業を優先しいつしか表舞台から姿を消しますが、人気物だった故に一般人となっても顔バレなどでプライベートはあまりなかったようです。
写真家になるべく学校に通いアメリカに入学。
帰国後の26歳の時に現在の旦那さんと結婚され妊娠しますが死産…
そしてまた妊娠するも不妊症の1つである「抗リン脂質抗体症候群」という難病を宣告されます。

間下このみさんは病気をテレビを通じて公表したことで、大学病院の先生から連絡をもらうことができ、毎日身重の身体で注射の治療に通います。
そして無事、子供(長女)を出産され、写真家、タレント業の傍ら子育ちにと毎日あわただしい生活を送っているようです。

LINEで送る
Pocket

【スポンサードリンク】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*