山田勝己 手袋事件のクレーム真相と年収で離婚し娘は?現在はSASUKE2017に復活!

山田勝己(やまだかつみ)さんと言えば、ミスターサスケと呼ばれるほど人生をSASUKEに注いでいる熱い漢として有名ですね。

そして、20周年を記念する大会、『SASUKE2017』が3月26日(日)にTBS系列にて放送されるのですが、その大会に山田勝己さんも何年かぶりに出場されるのです!

今回は、山田勝己さんの離婚の噂や娘、気になる年収・手袋事件のクレームの真相について調べてみました。

【スポンサードリンク】

山田勝己 手袋事件のクレーム真相と年収で離婚し娘は?現在はSASUKE2017に復活!

 

山田勝己 (やまだかつみ)

生年月日:1965年10月22日
出身地:兵庫県
学歴:法政大学卒業
身長:175㎝
体重:75㎏
背筋力:240㎏

 

ミスターサスケが2017年のSASUKEに実に数年ぶりに復帰します!

 

山田勝己さんは、SASUKEにそそぐ情熱とその美しい肉体美を惜しみなく披露する姿に、老若男女問わず彼のファンはとても多いです。
現在は、嫁の実家が経営する鉄工所にてバイト活動をするかたわら、野球場でビールを売る売り子のバイトも行い、
さらには彼が自ら設立した「山田軍団・黒虎」の指導者としても大活躍していることがわかっていますが、

SASUKE2017公式ホームページの出場者情報によれば、職業が【鉄工所の社長】となっている為、アルバイトから社長に昇格し嫁の実家の家業を引き継いだようですね!!
そんな山田さんは皆さんお馴染み、サスケオールスターズの1人としても知られ、
3分間腕立て伏せを行う、クイックマッスル全国選手権にて、準優勝の経験もあります。
また、学生時代はソフトボール全国大会にも出場した経験があるそうです。
その見た目と強さから、「浪速のターミネーター・ブラックタイガー」と呼ばれています。

 

【スポンサードリンク】

嫁との離婚や娘の真相は?SASUKEの前は筋肉番付に出場!

 

山田勝己さんはSASUKEに出演する前、
1996年に放送された『筋肉番付』という番組内での企画、「クイックマッスル全国選手権」に出場し、
そこで準優勝の成績を収めたことがあります。

その後、1997年当時31歳の時に、SASUKEの記念すべき第1回目大会に出場し、
完全制覇まで残りわずか30㎝まで迫る迫真の展開を見せたことが称賛され、
それを皮切りに、出場者の中で一番最後の出場枠「ゼッケン100番出場」が定番となり、
ミスターサスケという称号を手に入れ、今日に至ります。

まさに順風満帆な人生を送っているかのように見えた山田さんですが、
あまりにもサスケの練習に没頭しすぎたため、なんと当時勤めていたボンベ配送業の仕事をリストラされてしまうのです。
自宅にサスケセットを手作りで再現し、その練習に明け暮れるあまり、
本業である仕事のほうに支障が出てしまったのかもしれませんね。

そんな山田勝己さんですが、サスケに出演する時間以外には、いろいろな場所でいろいろなお仕事をされていらっしゃいます。。
また、一部報道では嫁とはもう既に離婚したのではないかという情報が流れているようですが、
嫁の実家で働いているとの情報から、どうやら離婚はしていないようです。

また、その嫁との間には息子がいるようですが、娘の情報はないので娘はガセのようです。

そして、山田勝己さんはTV出演にも非常に積極的で、
2012年9月29日放送の、『オールスター感謝祭’12秋 超豪華!クイズ決定版』に出演したり、
2016年2月現在では、『水曜日のダウンタウン』に合計5回も出演しています。
CM・ドラマ・バラエティー番組への出演だけでなく、
各イベントやゲーム・野球場のビール売りのキャラクターとしても起用されるなど、その活躍の場面は多岐にわたっています。

現在、山田勝己さんはまさにテレビに引っ張りだこの生活のようです。

 

山田勝己の手袋事件の真相やクレームとそり立つ壁!

 

ミスターサスケこと山田勝己さんは今までに合計26回、サスケに出場し、
そのうちFINALステージ出場が1回、3rdステージ出場が4回、2ndステージ出場が10回という輝かしい成績を収めています。

山田勝己さんはSASUKE第12回目の放送までは、のべ10回1stステージクリアを成し遂げ、2ndステージ進出を果たしています。
彼が1stステージをクリアし、2ndステージに進出した大会はどれも2ndステージへ出場した人数がわずか一桁台しかおらず、
クリアする挑戦者がほとんどいない大会で、その実力を発揮していることが多いようです。

また、第3・6・10回大会においては最優秀成績を収めており、
この記録は長野誠さん、漆原さんの記録に次ぐ、歴代3位の記録となっています。

そんなまさにスーパーマンのような成績を残している山田勝己さんですが、自身最大の弱点が、
1stステージにて数多くの挑戦者を苦しませてきた、お馴染みの種目「そり立つ壁」です。
1stステージ敗退回数16回のうち、6回がそり立つ壁で立ち止まってしまい、時間切れで敗退しています。
もちろん山田勝己さんも、ミスターサスケといえど普通の人間ですので、
当然年齢ととともに体力の衰えはありますから、それも影響していることは間違いなさそうですが・・・。

また、山田勝己さんといえば印象に残っているのが、通称「手袋事件」と呼ばれる事件です。
これは、SASUKE第12回大会に出場した際、2ndステージまで進出した山田勝己さんが、
「チェーンリアクション」という競技にて全員着用がルールであった手袋を、
次の種目「スパイダーウォーク」では外した状態で挑まなくてはいけなかったところを、
手に身につけたまま進んで行ってしまったため、失格となってしまった事件です。

 

山田勝己さんは、

「実際には手袋を脱ぐという指示はあったけれども、
それを破って次の種目に進出した場合、失格になるという指示はなかった。」

とスタッフに抗議をし、、
結局この日のべ3回挑戦しましたが、最後は力尽きて敗退してしまったのです。

 

「俺には、サスケしかないんです…。」
誰もが知っている名言を残すほどの山田勝己さんですから、
この出来事は彼にとっていまだに忘れることのできない、伝説の出来事といえるのではないでしょうか。

 

山田勝己の現在は?年収で離婚回避?

 

現在、山田勝己さんは、自身が創設した「山田軍団・黒虎」というチームにて、
指導者という立場で持ち前の熱血ぶりを発揮しているようです。
このチーム名は、『クイックマッスル全国選手権』にて当時実況を担当していた古館伊知郎キャスターが、
山田勝己さんが出場した際に命名した「浪速のブラックタイガー」という愛称からきているようです。

アルバイトのかけもちに加え、指導者としての職を手にしている山田勝己さん。
そんなミスターサスケの年収の噂が、ネット上で話題になったことがあります。
なんでも、

 

・アルバイト代が250万円

・SASUKE出演のギャラ代が400万円

・チーム指導料が450万円

・年に30回ほどの講演料が1500万円

 

合計年収2600万円を稼いでいるとのネット情報があります!

しかし、現在は嫁の実家の鉄工所はアルバイトから社長に昇格していますので、ビールの販売員は辞めている可能性があります。

なのでアルバイト代は消える代わりに事業の経営代となり、250万円以上はありそうですね。

 

また、そんな中で気になるのが、年に30回も行っているという「講演」。
これは一体何の講演会なのか?てっきりサスケに関する講演会だとばかり思っていましたが、
実は山田勝己さんはアムウェイの加入者で、そのアムウェイが企画する講演会の、ゲスト出演者としてのギャラだというのです。

アムウェイとは調理用のフライパンや鍋などの商品を、人のコミュニティーを通じて世の中に広めていく、
いわゆる「マルチ商法」と呼ばれるビジネスシステムで成功を収めている会社です。
一にも二にもまずは人に知ってもらうことが商品を売る上で大切なので、
山田勝己さんのような有名人が宣伝をしてくれることは、
アムウェイにとって相当メリットのある戦略なのだと思います。

何はともあれ、これだけの年収があれば、当面は嫁と離婚するということは無さそうですね。

 

最後に…

 

2017年3月26日日曜TBS系列にて放送の、「SASUKE2017」で、SASUKEは20周年を迎えます。
その特別な大会に、我らがミスターサスケ・山田勝己さんが久しぶりに出場するそうです!
SASUKEに命を賭けすぎたあまり、仕事をクビになったり、
手袋事件で失格となり悔し涙を流したり、そり立つ壁にて己の限界と必死に戦ったりと、
サスケを誰よりも愛し、サスケに誰よりも人生をささげてきた山田勝己さん。
そんな彼の生きざまは、かっこいいだけでなく、どこか憎めず、母性本能をくすぐられるようなかわいらしさが混在し、、
視聴者やSASUKEオールスターズのメンバーに愛され慕われ、その人気は今なお健在です。

そんな一途な情熱家の活躍を、
ぜひとも「SASUKE2017」にて見届けましょう!

 

サスケ君(森本裕介)就職先IDECの年収と彼女と結婚は?SASUKE2017

LINEで送る
Pocket

【スポンサードリンク】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*